クレジットカードをリボ払いで使うとどうなるのか

クレジットカードをリボ払いで使うとどうなるのか、あまりわからないという人がいます。リボ払いのクレジットカードは、年会費が無料であったり、いろいろな特典が利用できたりしますので、何か得なような感じがします。けれども、リボ払いの使い方によっては、返済の負担が大きくなることがありますので、十分に考えて決めましょう。リボ払いで返済をする場合、返済回数と金利をチェックしておきましょう。クレジットカードのリボ払いは、クレジットの限度額内で使ったお金を返済する時の返済方法の種類になります。毎月いくらまでをカード払いで支払うかを決定しておいて、それより多くなったら、後回しにするという返済スタイルです。リボ払いは、想定外の返済金になる心配はないものの、本来ならば返すべき金額を繰り延べにしているだけともいえるでしょう。返済期間中は借りている金額に金利がかかりますが、この金利が高いのもリボ払いの特徴です。高額のカード決済をしていると、完済までにかかる期間が必然的に長くなり、利息も高額になるという特色があります。リボ払いは、いつまでも返済を終わらせることができず、返済が難しくなるような人もいます。返済が滞ってトラブルにならないようにするためには、借入額を少なくするか、全く借り入れないクレジッドカードの使い方をすることです。例えば、クレジットカードの利用金額を、毎月のリボ払いの上限額以下に留めていれば、一括払いでの返済と同じ計算方法になって、金利が加算されません。

コメントは受け付けていません。