ダイエット後のウエイト運用

減量が終わってからのウェイト舵取りは何がいのちでしょう。やっと減量を達成したのに、リバウンドしてしまったという話は珍しくありません。九割の他人がリバウンドしたことがあるそうです。人間の人体にはナチュラルヒーリングパワーという体系があり、これがリバウンドの理由になります。急激にウェイトが変化した瞬間ほど、リバウンドは起こり易くなります。ウェイトをきちん舵取りしながら、ゆるやかなペースで体重を減らしていきましょう。ナチュラルヒーリングパワーがある以上リバウンドはとにかく発生しますが、リバウンドすることを踏まえてウェイト舵取りをすることです。減量を達成したら、そのウェイトを維持するためには、人体がそのウェイトが異常な結果ないと認識するようにウェイトを規定に持ちます。減量後のウェイトを、普段のウェイトであると人体か決め込むようになれば、リバウンドが動くようになることはありません。ゴールウェイトまで減量ができて以来も、減量中同様の食生活でウェイト舵取りを行います。粗方3か月ほどウェイト舵取りができれば、その後はある程度食べ過ぎても極端にリバウンドすることはありません。減量後の体型を、人体が盛り込みたことになります。人によって体質に違いはありますが、減量がうまくいったら、次の3カ月間は正しくウェイト舵取りをすることが大事です。

コメントは受け付けていません。