理想のシルエットを診断する一瞬

自分のウェイトが多すぎるか、ちょうどいいかを分かるために、輪郭来院を受けたいというお客がある。健康がウェイトを減らせばスリムになって、感じが美しくなるだろうという意見もありますが、きれいな輪郭は細くなることと同等ではないといえるのではないでしょうか。くびれという膨らみのメリハリや、身長との均整、顔つきや肩などの各パーツの比も大事です。何を基準に輪郭を来院すればいいのでしょう。本当は輪郭の美しさを来院もらえる、明確な前提はありません。時代の良心や各地にて違いがあるのが、理想の輪郭の要件が何なのかということです。現在の日本の女性は、細身を希望輪郭とする傾向が強いようです。最近では、大学生の程度ウェイトが従来お粗末とも言われており、華奢花形は上がるばかりです。逆に外国では、輪郭の来院が奥様の美しさは太り過ぎさが良いという前提でされているそうです。日本の希望輪郭として好まれるのは、クラス並みの細さだ。ただ、男性が奥様の輪郭に貪るのは、スリムなだけではなく、適度にメリハリがある輪郭だという検討果実もあります。低ウェイトで医学的には健康に弊害があるとも、希望輪郭のウェイトは言われているようです。最近では、ウエスト、身長、スリー体格などから割り出した一定の均整で、希望輪郭を診断するという思考もあります。

コメントは受け付けていません。